世界遺産「古都京都の文化財」に関するには何日も掛かります

日本には世界遺産が19登録されている。そんな中で、名勝として外人も多い京都は、市内に「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された素因となる神社仏閣などが多数存在するのです。
京都は名勝として主流だけれど、世界遺産として意識する事は少ないのではないでしょうか?
本当は、こういう素因は京都市内のみならず、宇治市にも広がっているのです。具体的には、京都市内の上賀茂神社、下鴨神社、東寺、清水寺、醍醐寺、仁和寺、高山寺、西芳寺 (苔寺)、天龍寺、鹿苑寺 (金閣寺)、慈照寺 (銀閣寺)、龍安寺、西本願寺、二条城と宇治市の平等院、宇治上神オフィス、そうして滋賀県の大津市の延暦寺にて構成されているのです。
多くの国宝を有する神社仏閣が包括され、これで1つの世界遺産って実測繋がるには余りにももったいないと思われるほどだ。
この世界遺産を巡ろうとして京都に何度も出かけていますが、強敵廻り下回る事ができません。1日に2~3個の素因をゆっくりとめぐる為です。
御朱印帳を持って、京都の世界遺産を再びゆっくりと訪ねる旅行は、年季博士の方にはお求めだネ。ミュゼが100円で脱毛してくれるなんて嘘